ハムナプトラ2/黄金のピラミッド

2001年公開の映画
監督:スティーヴン・ソマーズ
出演:ブレンダン・フレイザーレイチェル・ワイズジョン・ハナー/オデッド・フェール/アーノルド・ヴォスルー/パトリシア・ヴェラスケス/アドウェール・アキノエ=アグバエ/アラン・アームストロング/ドウェイン・ジョンソン

 

【ハムナプトラ】シリーズ2作目の作品です。

 

 

【あらすじ】
約5000年前、
紀元前3067年のテーベ
最強と名高い戦士、スコーピオン・キングがいました。

 

スコーピオン・キングは、世界を自らの手中に収めるため、大きな戦争を起こします。
しかし、
7年間もの激しい戦いの末、スコーピオン・キング率いる軍は敗北してしまいました。

 

スコーピオン・キングは、「アム・シェアーの聖なる砂漠」という場所まで逃げ延び、
死の瞬間、スコーピオン・キングアヌビス神へ誓いを申し出ました。

 

「自分の命を助け、敵を倒させるなら、自分の命を捧げよう」というものでした。

 

その願いにアヌビス神は応じ、軍勢を与えて敵を倒させた後、スコーピオンを永遠の僕とします。

 

 

5000年後、
前作から9年後、運命的な出会いをしたリックとエヴリンは結婚し、8歳の息子アレックスと過ごしていました。

 

エヴリンは不思議な夢に導かれ、エジプトのある遺跡で「アヌビスの腕輪」を発見します。

 

エヴリンは、その腕輪を自宅へと持って帰りました。
そして、なんとアレックスがその腕輪を着けてしまいます。

 

その腕輪は装着してから7日後に、長い眠りについているスコーピオン・キングとアヌビスの軍隊が目覚めるとされていました。

 

時同じくして
謎の集団ハフェズ達によりイムホテップが蘇りました。
ハフェズ達はスコーピオン・キングを倒しアヌビスの軍隊を得るため、イムホテップと共にアム・シェアーに向かいます。

 

 

【レビュー・感想】
アレックスが柱を倒すシーンが前作を観てた人はエヴリンの本棚シーンを思い浮かべて懐かしいなってなると思います。

 

アレックスが読めないコウノトリのマークをジョナサンが教えるシーンとか、
前作を観てたらより面白く感じれるシーンが多かったです。

 

イムホテップの強さが前作よりなくて残念でした。
最終的には力を奪われて、普通の人間に戻るし、ホントに残念でした。

 

イムホテップが死後の世界への亀裂に巻き込まれて、アナクスナムンに助けを求めるけど、見捨てられてしまい、
その事に絶望し自ら死後の世界へ落ちるシーンがあります。


イムホテップをすごく好きになれるシーンでした。
絶望の中、すべてを受け入れて落ちていくシーンがすごく良かったです。

 

アレックスが勇敢すぎた気がします。
子供っぽくなくてあんまり好きになれなかったです。

 

砂で作る芸術もやりすぎ感があります。
そこまで完璧にしなくてもわかるだろって思いました。
リアリティーの再現が時間の無駄に感じました。

 

最後のバトルシーンがあっさりしすぎててもったいなかったです。
スコーピオン・キングの強さもいまいちわからないまま終わってしまいました。

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド [DVD]

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド [DVD]