クローズEXPLODE【レビュー・感想】

2014年公開の映画
監督:豊田利晃
出演:東出昌大早乙女太一勝地涼柳楽優弥柿澤勇人KENZO/遠藤雄弥/矢本悠馬/奥野瑛太/ELLY/深水元基/野替愁平/丞威/岩田剛典/永山絢斗/柳俊太郎/やべきょうすけ/高橋努浅見れいな高岡早紀広瀬すず/鬼丸/板尾創路

 

高橋ヒロシの漫画【クローズ】を原作とした、完全オリジナルストーリー映画の3作目の作品です。

 

 

【あらすじ】
鈴蘭男子高校は、
「カラスの学校」の異名を取る、県内随一の不良高校です。

 

前作から1ヶ月後、
新年度を迎えた鈴蘭高校に、新入生が入ってきました。
新高校3年生になった者たちは、頂点を目指し、覇権争いが起きています。

 

3年の鏑木旋風雄(東出昌大)は、焚八商業から鈴蘭に転入してきました。

 

鏑木は小岐須健一(勝地涼)と出会い、鈴蘭最小チーム・小岐須のグループに入ります。


鈴蘭1年の加賀美遼平(早乙女太一)が3年で鈴蘭喧嘩偏差値1位の強羅徹(柳楽優弥)を倒したことをきっかけに鈴蘭の勢力図が大きく変わりました。

 

鈴蘭3年対1年に加え、
黒咲工業や暴走族ODAを巻き込み、鈴蘭で大抗争が起こります。

 

 

【レビュー・感想】
映像は、監督が違うとここまで雰囲気変わるのかって思うほど前作との違和感を感じました。

 

演技が少し悪くても普通に観れるほうですけど、今作は悪すぎました。
しかも、
1番重要な主役がヒドかったです。

 

演技がヒドすぎて映画の中に入り込めないまま終わってしまいました。

 

前作よりもケンカが強そうって思えるキャラも少なかったです。
特に、鏑木旋風雄(東出昌大)と小岐須健一(勝地涼)が弱そうに思えるキャラでした。

 

人気の俳優を使えばいいってことじゃないことを理解してほしいです。
キャラクターには合う合わないがあります。

 

そういった意味では、板尾創路は抜群に良かったです。
板尾さんは暴力じゃない怖い系がめちゃくちゃ合います。

 

黒咲工業の生徒を鈴蘭に入れるのは納得できませんでした。
県内随一の不良高が他校のトップを入れる意味がわかりません。
普通に考えたらリンチくらって終了だと思います。

 

3年が1年に勝つストーリーは魅力を感じないです。
普通じゃんって思うだけです。
前作の良い部分を全部ダメにしたような作品でした。

 

無理にシリーズ作った感がありました。
名前変えて別な作品にして出すか、
続編と名乗らないでリブート作品にしたほうが面白かったと思います。

クローズEXPLODE スタンダード・エディション [DVD]

クローズEXPLODE スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2014/10/22
  • メディア: DVD

クローズEXPLODE プレミアム・エディション [Blu-ray]

クローズEXPLODE プレミアム・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2014/10/22
  • メディア: Blu-ray