酔拳2【レビュー・感想】

1994年公開の映画
監督:ラウ・カーリョン
出演:ジャッキー・チェンアニタ・ムイティ・ロン/ラウ・カーリョン/フェリックス・ウォン/アンディ・ラウ

 

 

【あらすじ】
フェイフォン(ジャッキー・チェン)は、医師である父のケイイン(ティ・ロン)、使用人のツォウと共に漢方薬の買い出しに来ていました。
汽車で帰ろうとすると、駅の税関で荷物のチェックを受けます。

 

高価な人参などは税金がかけられます。
税金を払わずに済むように、ずる賢いフェイフォンは人参を隠しました。
その際に、人参と中国皇帝の秘宝が入れ替わってしまいます。

 

マンケイ(ラウ・カーリョン)と知り合い事情を知ったフェイフォンでしたが、トラブルによりマンケイは絶命してしまいます。

 

マンケイの意思を継ぐため、フェイフォンは魚屋のツァン(フェリックス・ウォン)と共に英国領事館に忍び込みます。

 

 

【レビュー・感想】
酔拳の続編扱いですけど、ジャッキー以外のキャストも違い、前作との繋がりはほとんどない単独の作品でした。

 

ジャッキーは酔っ払う演技がスゴく似合うし上手です。

 

お酒はワインを飲んだりと、前作より現代的になってて良かったです。
ただ、
工業用アルコールを飲むのは面白かったですけど、やりすぎだと思いました。

 

フェイフォンを追い出した後の父親の優しさが良かったです。
フェイフォンに酔拳を禁止させたり、
1番息子のことを思ってる父親が1番好きなキャラクターでした。

 

フェイフォンの母親・リン(アニタ・ムイ)の登場シーンの音楽は感動しました。
この音楽最高です。
しかも、
リンはまさかの蛇拳使いでした。

 

アクションシーンはジャッキー映画の中でも上位に入るアクションシーンでした。
ストーリーも単純なので観やすかったです。

 

ジャッキー映画の中でも上位に入る作品なので、
ジャッキー映画を観たことない人やジャッキー映画で悩んでる人は今作を選ぶと良いと思います。

酔拳2 ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

酔拳2 ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2003/03/07
  • メディア: DVD