クローズZERO【レビュー・感想】

2007年公開の映画
監督:三池崇史
出演:小栗旬高岡蒼甫高橋努鈴之助山田孝之桐谷健太遠藤要伊崎右典伊崎央登上地雄輔大東俊介/橋爪遼/小柳友深水元基波岡一喜渡辺大武田航平鈴木信二/やべきょうすけ/黒木メイサ松重豊塩見三省岸谷五朗遠藤憲一辻岡正人斎藤歩

 

 

高橋ヒロシの漫画【クローズ】を原作とした、完全オリジナルストーリー映画です。

 

 

【レビュー・感想】
鈴蘭男子高校は、
「カラスの学校」の異名を取る、県内随一の不良高校です。

 

中学時代に学校を支配していた者やそれに次ぐ実力者など、
多くの猛者が集い派閥や一匹狼が常に存在しているため、
未だかつて番長(テッペン)として全校をまとめ上げた存在しませんでした。

 

高校3年の春、滝谷源治(小栗旬)は鈴蘭のテッペンになるため編入しました。

 

鈴蘭には、いくつかの派閥がありました。
その中でも最大勢力は、高校3年の芹沢多摩雄(山田孝之)率いる芹沢軍団です。

 

ほかにも2年の阪東や、1年生にも勢力を伸ばしているグループがありました。
派閥に興味を示さずひとりで行動する、一匹狼もいます。

 

源治はテッペンをとるため、GPSという自分のグループを作り、最大勢力・芹沢軍団に挑みます。

 

 

【レビュー・感想】
原作の【クローズ】は、ヤンキー漫画の中でも好きな漫画の1つです。
漫画の世界観を壊すことなく作れていたと思います。

 

【クローズ】の1年前の話しなので、映画オリジナルキャラクターと、原作に出てくるキャラクターが出てきます。

 

原作に出てくるキャラクターのイメージを壊すことなく出せていました。
映画オリジナルのキャラクターと原作に出てくるキャラクターの絡みもこの映画の面白いところでした。

 

大振りで殴りあうのがホントのケンカっぽくて良かったです。
ストーリーがすごく単純なので、気楽に観れました。

 

GPSと芹沢軍団の戦いの時の雨の演出は微妙でした。
最後のタイマンシーンで、急に雨が止みます。
降らせるなら最後まで降らせた方が違和感なく見れたと思います。

 

滝谷源治は細かい攻撃を得意とし、芹沢多摩雄は豪快な攻撃を得意とする対照的な格闘スタイルです。
最後のタイマンシーンも格闘スタイルの個性がすごく出てて、飽きずに観れることができました。

 

一人一人に個性があって好きになれるキャラクターが多かったです。

 

一匹狼だった滝谷源治が仲間と出会って成長していく過程と、
仲間が源治を成長させていくのがすごく楽しめました。

 

残念なところが最初から最後まで、芹沢多摩雄の方が番長としての素質があるという想いは変わらなかったところです。

 

将来性とか、リアリティーを求める人は楽しめない作品だと思います。
友情あり笑いありと、良き青春不良映画でした。

 

クローズZERO スペシャル・プライス [Blu-ray]

クローズZERO スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2014/04/02
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

クローズZERO スペシャル・プライス [DVD]

クローズZERO スペシャル・プライス [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2014/04/02
  • メディア: DVD