バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3【レビュー・感想】

1990年公開の映画
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイド/トーマス・F・ウィルソン/メアリー・スティーンバージェンリー・トンプソンエリザベス・シュー/ジェームズ・トールカン/フリー

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー】シリーズ3作目の作品です。

 

 

【あらすじ】
前作のラストシーンで、タイムマシンのデロリアンが飛行中落雷に打たれ、
ドクは1885年に飛ばされてしまいました。

 


1885年に飛びされたドクは、マーティに手紙が送られるように手配していました。
マーティは手紙を読み、1955年のドクと再会します。

 

1885年のドクが遺してくれたタイムマシンを1955年のドクが修理することで、マーティは1985年に戻ることが可能となります。

 

1985年に帰るために鉱山に封印されたデロリアンを掘り起こしました。

 

しかし、
偶然にもマーティは鉱山付近の墓地でドクの名が彫られた墓石を発見し、
手紙を書いた約一週間後に、タネン(トーマス・F・ウィルソン)に銃殺されるのを知ってしまいます。

 

マーティはドクを救うため、1885年に旅立ちます。

 

 

【レビュー・感想】
今作はドクが主人公と言っても過言ではないぐらい、ドクにスポットがあたっていました。

 

クララに別れを告げるシーンは、両方の気持ちがわかる素敵なシーンでした。

 

ドクが現代に戻らないと言った後のマーティの説得シーンは良かったです。
ドクの成長を感じ!ました。

 


PART1の設定を、主体をドクに変えてPART3の世界観にぶちこんだような作品でした。

 

ドクの「未来は自分たちの手でつくるもの」は素晴らしい言葉です。
勇気づけられ、前向きな気持ちになります。
 


終わった後、スゴくすっきりして気分が良かったです。
余韻がスゴく残る作品でした。

 


全作品素晴らしかったですけど、個人的には、PART2が一番でした。