スネーキーモンキー/蛇拳【レビュー・感想】

1979年公開の映画
監督:ユエン・ウーピン
出演:ジャッキー・チェン/ユエン・シャオティエン/ディーン・セキ

 

 

【あらすじ】
拳法の2大流派、蛇形拳と鷹爪拳が激しい勢力争いが起きていました。

 

鷹爪拳によって蛇形拳の拳士は次々と討ち取られ、その流派の命脈は潰える寸前でした。

 

一方、
ホン・タイ武館に住み込みの生活を送っていたガンフー(ジャッキー・チェン)は、リー師範代(ディーン・セキ)にいいようにこき使われ、いじめられていました。

 

ある日ガンフーは、町で騒動に遭っている老人を助けます。
その老人こそ、蛇形拳の長老であるバク・チョンティン(ユエン・シャオティエン)でした。

 

ガンフーの惨めな日常に同情したバクは、ガンフーに3つの条件を言い、蛇形拳を伝授します。

 

遂にバク・チョンティンに鷹爪拳の刺客が迫ります。
窮地に陥った師匠を救うため、ガンフーは戦いを挑みます。

 

 

【レビュー・感想】
拳法シリーズの1つで、初期のジャッキーを代表する作品の1つです。

 

真面目風で笑いを間々に挟んでいるので単純に楽しめました。
オープニングの演舞は子供の頃すごく真似してたのを覚えてます。

 

ホントに弱い主人公が強くなるストーリーが良かったです。
修行シーンも成長過程もあって主人公に愛敬がもてました。
修行シーンは特に好きなシーンです。

 

ジャッキー・チェンとユエン・シャオティエンのコンビも相変わらずいいコンビです。
皿をとるシーンはスゴく良かったです。

 

ラストバトルは楽しかったです。
急にジャッキーの服がボロボロになるところは、
日本版では途中のバトルシーンがカットされてるので気にしないことですね。

 

事故だったらしいですけど、ジャッキーの歯が抜けた所が余計に闘いの凄まじさを感じれました。

 

門下生がすぐ道場を変えたり、ツッコミシーンが多いですけど、CGとかではなく生身のアクションが観たいときに観たくなる作品です。