バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2【レビュー・感想】

1989年公開の映画
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイド/トーマス・F・ウィルソン/リー・トンプソンエリザベス・シュー/ジェームズ・トールカン/フリー/ジェイソン・スコット・リー/チャールズ・フライシャー/ジェームズ・イシダ/ケイシー・シーマツコ/ビリー・ゼインイライジャ・ウッド/ニール・ロス

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー】シリーズ2作目の作品です。

 

 

【あらすじ】
1955年から1985年に帰還したマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)の目の前に、親友の科学者・ドク(クリストファー・ロイド)がデロリアンで現れました。


未来でマーティの息子がトラブルを起こすことを聞かされ、マーティは、彼女のジェニファー(エリザベス・シュー)と3人で2015年へタイムトラベルします。

 

2015年に着いたマーティは、息子本人になりすまし、息子が起こすはずだったトラブルをどうにか未然に防ぎました。

 

1985年の夜に戻ったマーティは、家に帰ると別の家族が住んでおり、不審者扱いされて叩き出されてしまいます。

 

街の異変に気付いたマーティとドクは、ビフ(トーマス・F・ウィルソン)から真実を聞かされ、再び1955年へ旅立ちます。

 

 

【レビュー・感想】
前作は過去を旅しますが今作は未来と過去を旅します。
前作を観てない人は置いてきぼりにあうと思います。

 

PART1に比べたら、ダークな印象でした。
ドクが新しい1985年の解説をするシーンは、すごくわかりやすい解説で良かったです。

 

1985年にいるPART1のマーティを別アングルから観れるのが楽しかったです。
鉢合わせないように奮闘するマーティの複雑な流れをキレイにまとめていました。

 

ビフの悪党ぶりも惜しみ無く出てて良かったです。
主人公を素直に応援したくなる悪党ぶりでした。

 

車が空を飛んだり、スケボーが浮いたり未来描写が素晴らしかったです。
自動で靴ひもが結ばれるスニーカーや身体のサイズに合わせてフィットする服など、
分かりやすく未来感を出せていました。

 

マイケル・J・フォックスが3役演じるのも今作の魅力です。

 

現代→未来→現代→過去
とタイムトラベルが多い中、わかりやすくキレイにまとめられた作品でした。

 

ドクからの手紙を読んだときは感動しました。
タイムトラベルの危険さも伝わるいいストーリーでした。

 

終わり方もPART3をすぐ観たくなる終わり方でした。