ビーン【レビュー・感想】

1998年公開の映画
監督:メル・スミス
出演:ローワン・アトキンソンピーター・マクニコル/パメラ・リード/アンドリュー・ローレンス/ハリス・ユーリン/ラリー・ドレイク/ジョン・ミルズ/バート・レイノルズ/リチャード・ガント

 

 

【あらすじ】
名画「ホイッスラーの母の肖像」がパリのオルセー美術館から、
アメリカのロサンゼルスにあるグリアソン美術館に展示されることになりました。

 

2週間後の除幕式に合わせて学者の派遣依頼が届きます。

 

ビーン(ローワン・アトキンソン)はロンドン王立国立美術館で警備員として働いていました。

 

トラブルメーカーだが、
会長に気に入られていてクビにすることができないビーンを厄介払いするために、
ビーンを学者としてグリアソン美術館に派遣する事にします。

 

グリアソン美術館で働くデビッド(ピーター・マクニコル)は、天才学者のビーンという人物が来る事を聞かされます。

 

デビッドはビーンに自宅に泊まってもらう事を考えるが、家族から猛反対されます。
だが、自分の意見を押し通し泊まってもらう事にします。

 

デビッドの家に招かれたビーンだが、案の定問題をおこし、家族は出ていってしまいます。

 

デビッドはビーンが学者ではないことを知ります。
ビーンの正体がバレないように動くデビッドだが、
ビーンが「ホイッスラーの母の肖像」を汚し、パニックに陥ります。

 

 

【レビュー・感想】
めちゃくちゃ面白かったです。
ドラマ版にもあるコメディシーンも出てきて嬉しかったです。

 

「ホイッスラーの母の肖像」を汚してテンパるビーンと、それを知って発狂するデビッドのシーンは大爆笑でした(笑)

 

病院での偶然の奇跡がスゴく良かったです。
脚本が素晴らしいと思いました。

 

とくにスピーチのシーンはよかった。
今作のビーンの物語を上手くまとめたスピーチでした。

 

「ホイッスラーの母の肖像」の絵を運びながら、修繕室に行くまでの廊下のシーンが1番好きなシーンです。
素晴らしい発想でした(笑)

 

感動シーンもあり、素晴らしいコメディ映画でした。
何度も見たくなる作品で、何度も見た作品です。

Mr.ビーン 劇場版 [DVD]

Mr.ビーン 劇場版 [DVD]

Mr.ビーン 劇場版 [Blu-ray]

Mr.ビーン 劇場版 [Blu-ray]