ドランクモンキー/酔拳【レビュー・感想】

1979年公開の映画
監督:ユエン・ウーピン
出演:ジャッキー・チェン/ユエン・シャオティエン/ディーン・セキ

 

 

【あらすじ】
ウォン・ケイインが運営する名門道場のドラ息子、ウォン・フェイフォン(ジャッキー・チェン)は真面目に練習せず、町に出れば悪さばかりしていました。

 

見兼ねた父親は、息子を改心させようと、厳しくて有名なカンフーの達人、ソウ・ハッイー(ユエン・シャオティエン)に息子の修行を依頼します。

 

厳しい特訓に耐えられず逃げだしたフェイフォンだったが、殺し屋イン・ティッサムに襲われ、再びソウ・ハッイーの元に戻ってきました。

 

そして、
フェイフォンは今までにない努力で厳しい修行に耐え抜き、酔えば酔うほど強くなるというソウ・ハッイーの秘伝の拳法"酔八仙"を習得します。

 

時同じくして、
父・ケイインはライバルの道場主と土地買収を巡るトラブルになっていました。
土地売買に耳を貸さぬケイインを恨んだ道場主が、殺し屋イン・ティッサムにケイインの暗殺を依頼します。

 

 

【レビュー・感想】
ジャッキー映画でこれが好きと言う人は多いと思います。
酔拳とジャッキーを日本に広めた名作と言える作品です。

 

主役は強いけどコミカルな面もあり、身近に感じれるキャラでした。

 

アクション映画は最初から主役が強いのが多いですけど、今作はがっつり修行シーンがあるのも魅力の1つです。

 

修行のときの音楽はスゴく好きです。
フェイフォンが酔八仙人の演舞をするシーンは何度も見たくなります。

 

ジャッキー映画のファンの人もファンではない人もジャッキー映画で面白かったランキング上位にあげる1つだと思います。

 

コメディシーンもたくさんあり、わかりやすいので、普通のカンフー映画と比べても見やすい作品です。

 

ちなみに、
「酔えば酔うほど強くなる」のキャッチフレーズで酔拳は酔っぱらいながら戦うと思ってるかたが多いですが、
本来は酔っ払ったかのような独特な動きで戦う拳法で、酔っぱらうわけでもなく、お酒も飲まないです。