ザ・マミー/呪われた砂漠の王女【レビュー・感想】

2017年公開の映画
監督:アレックス・カーツマン
出演:トム・クルーズアナベル・ウォーリス/ソフィア・ブテラ/ジェイク・ジョンソン/コートニー・B・ヴァンスラッセル・クロウ

 


1932年に公開された映画【ミイラ再生】をリブートした作品で、
ダーク・ユニバースの第1作目となる作品です。

 

 


【あらすじ】
古代エジプト
アマネット(ソフィア・ブテラ)王女は王位継承順位第1位でした。
しかし、父親メネフトラ王に男児が生まれたため、女王にはなれなくなってしまいました。


女王の座を諦められなかったアマネットは死の神・セトに魂を売り、邪悪な精神を具現化するダガーを入手しました。

 

 

一族を殺したアマネットは、自らが神になるために、自分の恋人の肉体にセトを憑依させようとしていた。

 

 

その目論見を神官たちは見破り、アマネットは生き埋めにされ、儀式に用いられたオシリス石を別の場所に封印されました。

 

 

 

 

現代のイラク
ニック・モートン(トム・クルーズ)とクリス・ヴェイル(ジェイク・ジョンソン)はアマネット王女の墓を発見しました。

 

 

アマネットの棺を見つけたニック達はイギリスへ棺を運び出すことになります。

 

 

運送中に棺が開けられてしまい、アマネットは現代によみがえりました。
アマネットは、呪われたニックを新しい肉体にし、セトを憑依させようとしていた。

 

 

 

 

【レビュー・感想】
古代エジプトネタは好きな作品の一つです。
この映画は、ホラーにしたいのかアクションにしたいのかアドベンチャーにしたいのかわからなかったです。
全部にするなら中途半端すぎました。

 

 

ニックが車に走ってジェニー(アナベル・ウォーリス)を置き去りにするのは最低だと思いました。
連れてこられるまでは操られてたとしても、逃げるときは操られてないと思うから、置き去りにするのはいらないシーンでした。

 

 

ニックが全然盗っ人っぽくなった。
たぶんトム・クルーズだったからだと思います。
トム・クルーズはすごくいい役者ですけど、こういう役は合わなかったです。

 

 

アマネットの絶望感がなかったです。
簡単に捕まるし、強さが感じられなかったです。

 

 

説明もおおかったです。
ヘンリー・ジキル(ラッセル・クロウ)は説明を言うキャラみたいな印象でした。

 


良くも悪くもない作品でした。
ミイラを女性にしたオリジナリティーはすごい良かったです。
ホラーが苦手な人でも観れる映画だと思います。ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 [DVD]