クローズZERO【レビュー・感想】

2007年公開の映画
監督:三池崇史
出演:小栗旬高岡蒼甫高橋努鈴之助山田孝之桐谷健太遠藤要伊崎右典伊崎央登上地雄輔大東俊介/橋爪遼/小柳友深水元基波岡一喜渡辺大武田航平鈴木信二/やべきょうすけ/黒木メイサ松重豊塩見三省岸谷五朗遠藤憲一辻岡正人斎藤歩

 

 

高橋ヒロシの漫画【クローズ】を原作とした、完全オリジナルストーリー映画です。

 

 

【レビュー・感想】
鈴蘭男子高校は、
「カラスの学校」の異名を取る、県内随一の不良高校です。

 

中学時代に学校を支配していた者やそれに次ぐ実力者など、
多くの猛者が集い派閥や一匹狼が常に存在しているため、
未だかつて番長(テッペン)として全校をまとめ上げた存在しませんでした。

 

高校3年の春、滝谷源治(小栗旬)は鈴蘭のテッペンになるため編入しました。

 

鈴蘭には、いくつかの派閥がありました。
その中でも最大勢力は、高校3年の芹沢多摩雄(山田孝之)率いる芹沢軍団です。

 

ほかにも2年の阪東や、1年生にも勢力を伸ばしているグループがありました。
派閥に興味を示さずひとりで行動する、一匹狼もいます。

 

源治はテッペンをとるため、GPSという自分のグループを作り、最大勢力・芹沢軍団に挑みます。

 

 

【レビュー・感想】
原作の【クローズ】は、ヤンキー漫画の中でも好きな漫画の1つです。
漫画の世界観を壊すことなく作れていたと思います。

 

【クローズ】の1年前の話しなので、映画オリジナルキャラクターと、原作に出てくるキャラクターが出てきます。

 

原作に出てくるキャラクターのイメージを壊すことなく出せていました。
映画オリジナルのキャラクターと原作に出てくるキャラクターの絡みもこの映画の面白いところでした。

 

大振りで殴りあうのがホントのケンカっぽくて良かったです。
ストーリーがすごく単純なので、気楽に観れました。

 

GPSと芹沢軍団の戦いの時の雨の演出は微妙でした。
最後のタイマンシーンで、急に雨が止みます。
降らせるなら最後まで降らせた方が違和感なく見れたと思います。

 

滝谷源治は細かい攻撃を得意とし、芹沢多摩雄は豪快な攻撃を得意とする対照的な格闘スタイルです。
最後のタイマンシーンも格闘スタイルの個性がすごく出てて、飽きずに観れることができました。

 

一人一人に個性があって好きになれるキャラクターが多かったです。

 

一匹狼だった滝谷源治が仲間と出会って成長していく過程と、
仲間が源治を成長させていくのがすごく楽しめました。

 

残念なところが最初から最後まで、芹沢多摩雄の方が番長としての素質があるという想いは変わらなかったところです。

 

将来性とか、リアリティーを求める人は楽しめない作品だと思います。
友情あり笑いありと、良き青春不良映画でした。

 

クローズZERO スペシャル・プライス [Blu-ray]

クローズZERO スペシャル・プライス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2014/04/02
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

クローズZERO スペシャル・プライス [DVD]

クローズZERO スペシャル・プライス [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2014/04/02
  • メディア: DVD
 

 

プロジェクトBB【レビュー・感想】

2007年公開の映画
監督:ベニー・チャン
出演:ジャッキー・チェン/ルイス・クー/マイケル・ホイ/ユン・ピョウ/カオ・ユアンユアン/シャーリーン・チョイ/ニコラス・ツェーダニエル・ウー

 

 

【あらすじ】
サンダル(ジャッキー・チェン)とフリーパス(ルイス・クー)と大家(マイケル・ホイ)は、
凄腕の泥棒でした。

 

ある日、
大金が必要な大家に高額な仕事が舞い込みます。
高額の仕事と聞いて浮かれるサンダルとフリーパスは、
内容を聞かずに承諾します。

 

その内容とは、赤ん坊の誘拐でした。
赤ん坊の誘拐は何とか無事に済みましたが、運悪く検問に引っ掛かり大家は交通違反で逮捕されてしまいます。

 

サンダルとフリーパスは大家が釈放されて出てくるまでの間、赤ん坊の世話をするハメになりました。

 

2人は赤ちゃんの世話をしていくうちに、本当の親のような気持ちが芽生えてきます。

 

 

【レビュー・感想】
良くも悪くも無い、ジャッキーお得意のアクションコメディ作品でした。

 

ジャッキー映画の中では、ストーリーがしっかりしてる方だと思いました。

 

サンダル、フリーパスはダメ人間です。
そのダメ人間っぷりが結構ひどくて、前半は楽しくない時間が多かったです。

 

中盤あたりから、2人が赤ちゃんの世話をします。
2人の一生懸命さが伝わるし、
赤ちゃんを好きになる過程も浮かんで、すごく楽しくなっていきました。

 

パッイン(シャーリーン・チョイ)の一途さに心打たれます。
ホントにフリーパスのことを好きなんだなって思えました。

 

ジャッキーのお得意のアクションも満載でした。
さらに、ユン・ピョウのアクションシーンもあり最高です。

 

遊園地で赤ちゃんを抱いたまま、ジェットコースターの線路をよじ登ったりするシーンはドキドキして楽しかったです。

 

ジャッキーは警察官を演じるイメージが強かったですけど、今作は泥棒役という悪党のジャッキーが観れる珍しい作品です。

 

残念だなって思ったのが、
泣けるシーンもあるんですけど、先読みできちゃって感動が薄かったです。

 

ジャッキー映画が苦手な人でも好きになれる作品だと思います。

プロジェクトBB ディレクターズ・カット デラックス版 [DVD]

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3【レビュー・感想】

1990年公開の映画
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイド/トーマス・F・ウィルソン/メアリー・スティーンバージェンリー・トンプソンエリザベス・シュー/ジェームズ・トールカン/フリー

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー】シリーズ3作目の作品です。

 

 

【あらすじ】
前作のラストシーンで、タイムマシンのデロリアンが飛行中落雷に打たれ、
ドクは1885年に飛ばされてしまいました。

 


1885年に飛びされたドクは、マーティに手紙が送られるように手配していました。
マーティは手紙を読み、1955年のドクと再会します。

 

1885年のドクが遺してくれたタイムマシンを1955年のドクが修理することで、マーティは1985年に戻ることが可能となります。

 

1985年に帰るために鉱山に封印されたデロリアンを掘り起こしました。

 

しかし、
偶然にもマーティは鉱山付近の墓地でドクの名が彫られた墓石を発見し、
手紙を書いた約一週間後に、タネン(トーマス・F・ウィルソン)に銃殺されるのを知ってしまいます。

 

マーティはドクを救うため、1885年に旅立ちます。

 

 

【レビュー・感想】
今作はドクが主人公と言っても過言ではないぐらい、ドクにスポットがあたっていました。

 

クララに別れを告げるシーンは、両方の気持ちがわかる素敵なシーンでした。

 

ドクが現代に戻らないと言った後のマーティの説得シーンは良かったです。
ドクの成長を感じ!ました。

 


PART1の設定を、主体をドクに変えてPART3の世界観にぶちこんだような作品でした。

 

ドクの「未来は自分たちの手でつくるもの」は素晴らしい言葉です。
勇気づけられ、前向きな気持ちになります。
 


終わった後、スゴくすっきりして気分が良かったです。
余韻がスゴく残る作品でした。

 


全作品素晴らしかったですけど、個人的には、PART2が一番でした。

スネーキーモンキー/蛇拳【レビュー・感想】

1979年公開の映画
監督:ユエン・ウーピン
出演:ジャッキー・チェン/ユエン・シャオティエン/ディーン・セキ

 

 

【あらすじ】
拳法の2大流派、蛇形拳と鷹爪拳が激しい勢力争いが起きていました。

 

鷹爪拳によって蛇形拳の拳士は次々と討ち取られ、その流派の命脈は潰える寸前でした。

 

一方、
ホン・タイ武館に住み込みの生活を送っていたガンフー(ジャッキー・チェン)は、リー師範代(ディーン・セキ)にいいようにこき使われ、いじめられていました。

 

ある日ガンフーは、町で騒動に遭っている老人を助けます。
その老人こそ、蛇形拳の長老であるバク・チョンティン(ユエン・シャオティエン)でした。

 

ガンフーの惨めな日常に同情したバクは、ガンフーに3つの条件を言い、蛇形拳を伝授します。

 

遂にバク・チョンティンに鷹爪拳の刺客が迫ります。
窮地に陥った師匠を救うため、ガンフーは戦いを挑みます。

 

 

【レビュー・感想】
拳法シリーズの1つで、初期のジャッキーを代表する作品の1つです。

 

真面目風で笑いを間々に挟んでいるので単純に楽しめました。
オープニングの演舞は子供の頃すごく真似してたのを覚えてます。

 

ホントに弱い主人公が強くなるストーリーが良かったです。
修行シーンも成長過程もあって主人公に愛敬がもてました。
修行シーンは特に好きなシーンです。

 

ジャッキー・チェンとユエン・シャオティエンのコンビも相変わらずいいコンビです。
皿をとるシーンはスゴく良かったです。

 

ラストバトルは楽しかったです。
急にジャッキーの服がボロボロになるところは、
日本版では途中のバトルシーンがカットされてるので気にしないことですね。

 

事故だったらしいですけど、ジャッキーの歯が抜けた所が余計に闘いの凄まじさを感じれました。

 

門下生がすぐ道場を変えたり、ツッコミシーンが多いですけど、CGとかではなく生身のアクションが観たいときに観たくなる作品です。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2【レビュー・感想】

1989年公開の映画
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイド/トーマス・F・ウィルソン/リー・トンプソンエリザベス・シュー/ジェームズ・トールカン/フリー/ジェイソン・スコット・リー/チャールズ・フライシャー/ジェームズ・イシダ/ケイシー・シーマツコ/ビリー・ゼインイライジャ・ウッド/ニール・ロス

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー】シリーズ2作目の作品です。

 

 

【あらすじ】
1955年から1985年に帰還したマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)の目の前に、親友の科学者・ドク(クリストファー・ロイド)がデロリアンで現れました。


未来でマーティの息子がトラブルを起こすことを聞かされ、マーティは、彼女のジェニファー(エリザベス・シュー)と3人で2015年へタイムトラベルします。

 

2015年に着いたマーティは、息子本人になりすまし、息子が起こすはずだったトラブルをどうにか未然に防ぎました。

 

1985年の夜に戻ったマーティは、家に帰ると別の家族が住んでおり、不審者扱いされて叩き出されてしまいます。

 

街の異変に気付いたマーティとドクは、ビフ(トーマス・F・ウィルソン)から真実を聞かされ、再び1955年へ旅立ちます。

 

 

【レビュー・感想】
前作は過去を旅しますが今作は未来と過去を旅します。
前作を観てない人は置いてきぼりにあうと思います。

 

PART1に比べたら、ダークな印象でした。
ドクが新しい1985年の解説をするシーンは、すごくわかりやすい解説で良かったです。

 

1985年にいるPART1のマーティを別アングルから観れるのが楽しかったです。
鉢合わせないように奮闘するマーティの複雑な流れをキレイにまとめていました。

 

ビフの悪党ぶりも惜しみ無く出てて良かったです。
主人公を素直に応援したくなる悪党ぶりでした。

 

車が空を飛んだり、スケボーが浮いたり未来描写が素晴らしかったです。
自動で靴ひもが結ばれるスニーカーや身体のサイズに合わせてフィットする服など、
分かりやすく未来感を出せていました。

 

マイケル・J・フォックスが3役演じるのも今作の魅力です。

 

現代→未来→現代→過去
とタイムトラベルが多い中、わかりやすくキレイにまとめられた作品でした。

 

ドクからの手紙を読んだときは感動しました。
タイムトラベルの危険さも伝わるいいストーリーでした。

 

終わり方もPART3をすぐ観たくなる終わり方でした。

Mr.ビーン/カンヌで大迷惑?!【レビュー・感想】

2008年公開の映画
監督:スティーヴ・ベンデラック
出演:ローワン・アトキンソン/エマ・ドゥ・コーヌ/ウィレム・デフォー/カレル・ローデン/マックス・ボルドリー/ジャン・ロシュフォール

 

1998年公開の映画【ビーン】の続編映画です。

 

 

【あらすじ】
ビーン(ローワン・アトキンソン)はくじ引きでカンヌ一週間旅行とビデオカメラが当たります。

 

フランスに着いたビーンは、
駅のホームでロシアの映画監督・エミール(カレル・ローデン)と出会います。

 

しかし、
ビーンのせいでエミールとその息子・ステファン(マックス・ボルドリー)は離ればなれになりました。

 

責任を感じたビーンは、ステファンと一緒に父親の待つカンヌを目指します。
しかし、ビーンは誘拐犯と勘違いされ、フランス全土で指名手配されます。

 

その上カバンも財布もなくします。

 

状況が悪くなるなか、
新人女優サビーヌ(エマ・ドゥ・コーヌ)と出会ったビーンは、
彼女も巻き込みトラブル連発の旅を続け ます。

 

 

【レビュー・感想】
率直に素晴らしかったです。
おもしろかったとかそういうの以上に素晴らしいものがありました。

 

ビーンならではの笑いが満載で楽しかったです。
面白さに言葉はいらないって思えました。

 

前作も楽しかったですけど、
今作のほうがビーンらしさが出てて良かったです。

 

前作は長セリフがあったりと、
ビーンに対する違和感がありました。
今作はほぼ喋らないです。
やっぱりビーンは喋らない方が好きです。

 

食事のエビを食べるシーンは純粋に爆笑しました(笑)
電話のすれ違いシーンや、道端での大道芸ダンスシーンなど、
天才的発想シーンと思えるのが多かったです。

 

今までやってきた旅の行動が全て伏線で繋がったときは感動しました。
素晴らしいストーリーでした。

 

とにかく笑えます。
子供でも笑えるシーンが多くて見やすいと思いました。
深く考えずに観れる素晴らしい作品でした。

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [DVD]

ラッシュアワー3【レビュー・感想】

2007年公開の映画
監督:ブレット・ラトナー
出演:ジャッキー・チェンクリス・タッカー真田広之/ノエミ・ルノワール/チャン・ジンチュー/工藤夕貴マックス・フォン・シドーイヴァン・アタル/ジュリー・ドパルデュー/ツィ・マー/ロマン・ポランスキー/ソン・ミンミン/ダナ・アイヴィ/フィリップ・ベイカー・ホール/マイケル・チャウ/サラ・シャヒ

 

ラッシュアワー】シリーズ3作目の作品です。

 

 

【あらすじ】
前作から3年後
交通係に格下げされたカーター(クリス・タッカー)はヘッドフォンで音楽を聴きながら交通整理をしていました。

 

同じ頃、リーはハン大使の警護のため、国際刑事法廷のシンポジウム会場にいました。
ハン大使が、中国マフィアの黒幕・シャイシェンの存在を突き止めたために、大使はシンポジウムの壇上で射撃されてしまいます。

 

リーは向かい窓から逃げていく犯人を目撃し、追跡を開始します。
無線でその話を聞きつけたカーターも現場へと向かいました。

 

なんとか追いついたリーは犯人の顔を見て驚きます。
その男は、孤児院で兄弟同然に育った男ケンジ(真田広之)でした。

 

ケンジを取り逃がしてしまったリーとカーターはシャイシェンの謎を解く鍵を追って、花の都・パリに向かいます。

 

 

【レビュー・感想】
前作同様ストーリーが単純で見やすかったです。
ミュージカルシーンもあってエンターテインメント性はすごくあがってました。
サクッと観れるいい作品でした。

 

「兄弟じゃない」とリーがカーターに言うシーンがスゴく印象的でした。
リーの心情もカーターの心情もわかるいいシーンでした。

 

道場のアクションシーンと、「ミーとユー」のやり取りはスゴく面白かったです(笑)

 

シスター(ダナ・アイヴィ)やタクシードライバージョージ(イヴァン・アタル)など魅力的な脇役が多かったです。
1番好きなキャラもタクシードライバージョージでした。

 

笑いやジャッキーぽいアクションが少なくて、過去作に比べるとシリアスな印象でした。

 

舞台を大きくしただけで面白さが増している訳ではなかったです。
個人的にはラッシュアワー2のほうが好きです。ラッシュアワー3 プレミアム・エディション [DVD]